就職フェアでも面接は行われる「就職フェアのメリット,選考面接のチャンスとは」

就職先、転職先を探す際に、就職フェアといった合同企業説明会のイベントを利用する方も多いと思います。

就職フェアは様々なメリットがあるだけでなく、直接採用に繋がるような選考の一部免除や、面接を行ってくれる場合があります。

貴重な機会を逃さないためにも、是非就職フェアを活かしてみてはいかがでしょうか。

目次

就職フェアでも面接は行われる

現在ほとんどの求職者が、最終学歴を卒業する際に就職先探しをしていると思います。

しかし、社会人になってから転職を考えている人は仕事に従事しながら、新しい就職先を探す活動をしなければいけません。働きながら次の仕事を探すのは、思うように時間を確保することはなかなか難しいことです。

仕事の合間をぬってスケジュール調整をし、次の会社の面接の期日を決めるのは、とても面倒で手間が掛かります。私自身転職の経験がありますが、仕事を休んで面接を受けましたので休むのが難しい職場は大変だと感じましたので、効率的に仕事探しをすることが大事です。

最近は、求人に応募する際、電話で企業と連絡をするのではなく、インターネットの申し込みフォームを使って面接の日取りが決められるようになりました。ですが、メール等で日程のすりあわせができたとしても、実際に採用面接に出かけるのは大変ですし、時間も費やします。

そこで、利用して頂きたいのが就職フェアです。就職フェアに参加している企業の中には、求職者に対して、就職フェアを定期的に開催しているという会社もあります。

就職ウェア等の合同企業説明会では、人材の採用を行っている会社がひとつの会場に集まっているので、一度にたくさんの会社と接触することができるようになっています。

就職フェアでは、キャリアカウンセラーとの相談や、各企業の説明会を受けられますが、その場所で面接をしている企業もあります。

就職フェアのメリット、選考面接のチャンスとは

就職活動、転職活動を行う場合、まず転職サイトや郵送で履歴書や職務経歴書を企業に送り、書類選考を通過した場合のみ面接へ進むのが一般的な活動内容です。ですが、転職フェアに参加することによって、面接までの行程が短くなることがあります。

就職フェアでは、他の大勢の求職者と一緒に採用担当者の話を聞くセミナー形式だけではなく、少人数や1対1で企業や採用担当者と話ができる面談形式も多くあります。

面談形式では疑問点を聞きやすく、より深く企業のことを知ることができるので、業務内容や会社の雰囲気が自分に合うかどうか判断しやすいというメリットがあります。

企業や採用担当者も、やる気がある求職者に対しては、応募書類をその場で受け付け、面接日程を調整してくれるところもあります。企業の中には、就職フェア中に一次面接を実施すしてくれる場合もありますので、就職フェアはとても大きなチャンスの場となります。

もし就職活動で、書類選考で苦戦している人は、転職フェアを選考を進めるチャンスとして活用してみることをおすすめします。面接の機会がなくても、就職フェアに行くことで、企業と直接コミュニケーションを取ることができ、今後の採用予定が変わることもあります。

まとめ

目の前の仕事をこなしつつ、次の会社のための転職活動をしていると、いちいち企業と連絡を取ったり、内容を検討したりすることがとても大変になります。就職フェアに行くことで、限られた時間の中でどんな企業が求人を出しているかを網羅できますので、これはという求人が見つけ出せます。

中には就職フェアのイベント中に採用の選考の一部免除や、面接をその場で行ってくれる場合もありますので、思わぬ形で企業と出会い、採用してもらえる可能性もあります。

就職フェアは多くの企業と直接コミュニケーションがとれる貴重なイベントになりますので、是非有効に活用してみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次